濾し器も温めて消毒します。

中国のお茶の入れ方を紹介します。
中国語で茶芸といいますが、日本の茶道の事です。
広東省広州市は広東料理の本場、有名な飲茶(ヤムチャ)でお茶を飲みながら一品料理を食べ雑談や新聞を読んだりしながらひと時を過ごします。。
(DVカメラで撮影したものを分解写真にしました
小姐の顔は省略した方が無難でしょう

TOP
  

撮影場所:中国広州市の蘭園
  シンセン市駐在の頃 よしろう

まず、沸騰したお湯をすべての器に注ぎます。
器を温めると同時に消毒を兼ねます。

湯飲み茶碗は念入りに消毒と加熱。

お茶の葉を入れます。

熱湯を注ぎます。

ふたをして。

ふたを熱湯で再加熱。

再びふたをしてしばらくそのままに。

お茶が出たのを確認後、急須に移す。

急須より湯飲みに注ぐ。

お客さんに出します。

請、喝吧(チン、ホーパ)
どうぞ、お飲みください。

お茶を振舞ってくれる広州市の蘭園には東洋ランの花が甘い香りを園内に漂わせ、その香りのなかで味わう中国茶は格別です。

ふたも熱湯で温めて消毒します。

コンテンツ5-2

中国茶芸
inserted by FC2 system